何でも屋稼業

京都って意外と広いですよね。特に京都市は市にしてはおおきくありませんか。北区、下京区、南区、上京区、左京区、中京区、東山区、右京区、伏見区、山科区、西京区など

古い家屋が多いし、瓦のおしゃれな家が多い。建物の高さも低くて、お寺のお堂が大きい。そんな印象です。宮大工さんがたくさんいて神社を立て直しているのかな。どうかわかりませんが。夏はあついし冬は寒いでお馴染みの京都。意外と平均年齢が高くて、介護施設が充実しています。

でも老人が多い割には何でも屋が少ないのかな。みなさんあまり使っていないみたいだけど、すごく便利ですよ。なんでも屋さんて。便利屋っていうぐらいだから、便利に使うべきなんですよね。

京都市の便利屋 : 大工仕事、清掃、引越、各種代行OKの何でも屋!
京都の便利屋

どうやって使うって?なんでもいいんじゃないですか。電球交換、ゴミの処分、部屋掃除、風呂場掃除、電気器具の修理、お買い物、留守番、力仕事、引越の手伝い、など、使い方は無限です。どうでもいいですけど意外と安いんですよ。びっくりするぐらい。

しかも電話一本できてくれる。朝でも、昼でも、そして夜でも。そんなこんなで便利な世の中になりましたね。遺品整理とか、色々頼もうと思ってます。半日ぐらいの作業だから親戚のおっちゃんに頼むより色んな意味で安くつくし。親戚のおっちゃんに頼むと色々とめんどくさいし、後々高く付くからね。

* 追記
電話番号とかは対象サイトに掲載されてますのでそちらを参照下さい

便利屋というとみなさんはどのようなイメージ

おそらく、多くの人は便利屋というとちょっとした困り事に対応する程度の商売だというイメージが強いと思います。確かに昔の便利屋というと、そのような業者が多かったです。それはどうしてかというと、昔は今ほど専業主婦が少ない時代がなかったというのが大きいと思います。

ですが、今は女性も積極的に社会進出している時代です。ですから、家を1日中空けている家も多いです。 でも、そういう家庭が増えているにもかかわらず、ペットとして犬を飼っているという家庭は増加しています。ですから、そのペットの犬の面倒を自分がいない間に見ていて欲しいと思う方も最近は多いです。そこで、最近の便利屋というのはそういうの家庭の事情を汲んでペットの面倒を見るとい仕事をやっている所も多いです。

それはどうしてかというと、便利屋としても単発の単価の安い仕事をやりよりは継続的にサービスを利用してもらった方が良いからです。そういう意味ではペットの面倒を見るという仕事は便利屋にとってはとてもありがたい仕事だと思います。ですから、最近はペットの面倒を見る事を中心にやっている便利屋というのも多いです。

ちなにみ、私もこれまでに長期間家を空ける時にペットの面倒を便利屋に見てもらった事がありますが、やはり便利屋に餌やりやペットの遊び相手をしてもらっているというだけで気持ちが楽になったので利用して良かったと思いました。